2011年11月20日

残三

どんな結末が待っていようと
鳥栖の残り3試合でひたすら昇格を祈る

得失点差で有利だとか
カードの累積3枚の主力が沢山だとか
徳島や札幌が落ちるのを祈ったりとか
鳥栖のことを考えてるだけでハラハラドキドキしてしまう
(裏塔劇では一瞬忘れることができたが)

ここまで来たら昇格だ!と思いつつ
本当に昇格できるのか?という思いもあるのが自分の内心でもあり
けど勝ち点を思うと最終節まで可能性があるのは間違いないのだし
他の可能性がなくなったチームのサポより幸せではないかも思う

3位以上で昇格すればきっと物凄く嬉しいだろう
4位で昇格を逃せばきっと悔しくて落ち込むだろう
4位や3位の入れ替え戦敗退で涙を吞んだサポーターの気持ちが
今やっとほんの少しだけわかっている気がする

鳥栖は実質「自力」で初めて掴んだ昇格のチャンス
今年の福岡や甲府の苦戦ぶりや山形の状況を見ると
昇格しても厳しい戦いが待っているのが目に見えている
だけどJ1でしか見えない光景がそこにはあるはず
鳥栖サポは誰もその光景を見たことがないし見たいと思っている

やっと自分の腹は括った
どんな結果が待っていようと残り3戦
選手、監督、スタッフ、サポーターの総決算を見届ける
posted by あじぽん at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
快楽無くして何が人生

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。